スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備。

サッカー・テラ


数ヶ月後から、もしかしたら海外生活になるかもしれない。
仕事も家のことも、急に慌ただしくなってきた。とはいえ、
本当に行くとなったら、もっと慌ただしくなるんだろう。

行くとなったら・・・
いろいろ心配事はあるけれど、犬猫をどうするかということが
やっぱり今のところ一番の問題

とりあえず3匹連れて行くことを前提に、動物の輸出入検疫について
調べ始めた。結局連れて行くのを断念するか、または私が行くこと
自体キャンセルになるか。。。どうなるかはまだわからないけれど、
いざ連れて行く!となった時に、手続きができていなくて連れて
行けなかった、ということにはならないようにしたい。

赴任が決まれば、あちらでの滞在期間は1年か2年。
それくらいの滞在期間であれば、渡航前にあらかじめ日本国内で狂犬病ワクチンを2回以上接種し
抗体価が基準値以上にあがっていれば、日本への帰国時の検疫係留期間が
12時間以内となるらしい。
ただし滞在が2年を超えれば、滞在国で狂犬病ワクチンを追加接種し、
再び抗体価測定・・・そして、180日以上の滞在国待機(これが一番問題になるだろうな)。

日本は狂犬病清浄国なので、日本から相手国に入国するのは比較的簡単。
でも、念のため必要な手続きを確認しようと思って相手国の大使館に電話を
してみるものの全くつながらないし、メールで問い合わせても(電話が通じないことを訴えても)
「電話をして下さい」とたった一言のお返事メールが返ってきた。
大使館のこんな対応では、いざビザ申請となったら・・・先が思いやられる

気を取り直してさっそくこの週末から、まずはマイクロチップを埋める
ところから始めよう
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。