スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご近所さん

窓の外を眺めていたら、もごもご動く2つの物体。

France173


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

久々に

France167


このところ快晴が続いているパリ。

迷いに迷って手に入れた車で、テラも乗せて再びSaint Germain-en-Layeへ。

France168

お城の庭園でパチリ。

France169

ここはパリからも近く、自然もきれいで町もとても感じが良いので、休日にはけっこうたくさんの人がやってくるらしい。久しぶりに犬仲間と交流できて、笑顔のテラ。

France170

庭園に続く森の散策コースでも、お馴染みボールをくわえて得意顔。

France171

森の中にたくさん横たわっていた丸太にも果敢に挑戦していました。

ちょっと(かなり?)苦手な車にも乗ったし、久々に少し遠出をしてお疲れのテラ。ゆっくりお休みください。。。

France172

それにしても、ぼさぼさ。そろそろトリミングだね。。。




テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

動物たちのパスポート。

France164


そろそろ前回のワクチン接種から1年経つので、テラとジュジュを病院へ連れて行った。

パリの中にもけっこうたくさんの動物病院があるのだけど、ここはその中でも大きくてスタッフも多く、内装も近代的。ワクチンをうってもらえればどこでも良かったのだけど、今回のワクチン接種は日本への帰国の際の検疫にも関わってくるので、そういう手続きをした実績のある病院の方が良いだろうということで、知り合いに紹介してもらった。

France165

きれいな女性の先生に、緊張気味のオヤジ猫。

無事にふたりともワクチンをうってもらって、今日のところはおしまい。特に何か診察を受けたわけではなかったし、日本の動物病院との違いは特に感じず。。。

でも日本と違うことと言えば、EUで通用する動物用のパスポート↓を作ってもらったこと。

France166


動物用パスポートがあることは知ってはいたのだけど、詳しいことはこれから調べてみないとよくわからない。何やら、旅行などでフランス以外のEU圏に動物を連れて行った時に、これがあれば入国がスムースになるとか。

ふたりとも連れて旅行に行くということもあまりないだろうし、あったとしてもこのパスポートの提示を求められることもほとんどないのかもしれないけど、一応「記念」の意味もこめて作ってもらうことにした。

このパスポート、中には写真を貼ることができて、名前、生年月日、マイクロチップ番号、ワクチン接種の記録などが書き込めるようになっています。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

粋なはからい。

France160


バレンタイン・デー、オシャレなレストランへ出かけた。
と言っても、丈さんとではなく、日本から出張してきた仕事関係の人たちと。

バレンタインをあんなに盛大に祝う(?)のは日本だけかと思っていたら、案外フランスでも恋人同士にとっては大事なイベントらしい。

この日も、やっと予約がとれたレストランでもバレンタイン特別メニューしか用意されていないとのこと。

France161


シャンパン、前菜、メイン、デザート、ワインのセットをおいしくいただきました。

France162


デザートは、バレンタインらしくハート形。

France163


おまけに帰るときに、女性陣にはバラの花1輪をプレゼントしてくれるという粋なあからい。お花なんてもらったことないな・・・。

こちらでは、バレンタインは主に

男性が女性に

花などのプレゼントを贈るものなのだとか。
丈さん聞いてますか~?




テーマ : (∀)うはっ - ジャンル : 日記

長かった1週間。

India9


デリーからムンバイに移動し、またデリーに戻ってくるというけっこうタフなスケジュール、途中で体調を崩し1日ホテルで寝ているというアクシデントもあったけれど、何とか無事に1週間終えて、帰りの飛行機の中。

インドの北側からアフガニスタンの上空を通り、ヨーロッパ方面へ。

ヒマラヤ山脈に続く(と思われる)一連の山脈が飛行機の窓からきれいに見えた。

何はともあれ、久々に内容のかなり濃い1週間だった。今までに全く見たことのない世界だったけど、もう少し若いうちに行ってみておくべき国だったような気がする。

もう一度、今度はゆっくりじっくりいろいろ見てみたい。。。かも?!


テーマ : (´-ω-) - ジャンル : 日記

市場

インド2日目。

遅めに起きて、この日はホテルから歩いて行ける範囲で見て周ることにした。

ホテルのフロントで一番近い商店街を教えてもらい、一人で歩いても危険ではないか確認すると「全く問題ないです」と言うので、その言葉を信じて出発!

・・・が、歩き始めて5分もたたないうちに、私の後ろを不気味につけて歩く男性が2~3人。。。しばらく私の様子をうかがって、次から次へと話しかけてきた。

要は、「自分の知ってるお店があるから、行かないか」ということらしい。「この先は道路がふさがってるからこっちの道に行かなきゃダメだ」とか、いろんなことを言ってくる。

おまけにリクシャーとすれ違うたびに、「乗って行きなよ」の連続。

一人で歩いていたということもあり、さすがにちょっと怖かった。。。無視してもついてくるのをやめないので、しまいには「LEAVE ME ALONE!!」とまたもや声を荒げる私・・・。

一人で歩いても「全く問題ない」なんて、どういう基準で判断してんだ?!とプンプンしながらも、何とか無事に目的地までたどり着くことができた。

India8


市場!

ここは地元の人が日常的に利用しているらしく、観光客目当てに勧誘してくる人もほとんどいない。しばらくここにいて、やっと肩の力を抜いてそれなりに楽しんでいろいろ見てまわることができた。

ひととおりのお店を見て、お土産もゲットでき、また歩いてホテルへ。

やっと少しずつ緊張が解けてきた、インド2日目。



テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

Humayun's Tomb

モスクで追い払われてちょっと動揺したものの、同じようにモスクに入ろうとして理不尽なことを言われた韓国やイタリアからの旅行者としばらく愚痴ってみたら気持ちも落ち着いてきたので、気を取り直してリクシャーに戻った。

無事タクシーの運ちゃんとも再会でき、次の目的地へ。

india5


世界遺産にもなっているという、ムガル朝の皇帝のお墓、Humayun's Tomb。ここはきれいに庭園も整備されていて、外国の観光客も多く、平和に見学できて一安心。

India7


西洋のものに比べると素朴ではあるけれど、均整のとれた建築と配色がきれいでした。

ここを見終わった時点でけっこう時間が経っていたので、タクシーに戻ってそろそろ帰りたいので、ホテルまで行って欲しいとお願いすると・・・

「良いお店を知ってるから連れて行ってあげる」と。

断る私を無視してタクシーはお店に向かい、運ちゃんは私が車から降りないと納得しなさそうな雰囲気だったので、欲しいものもないのに仕方なくお店に入り。。。

後からわかったのだけど、そのお店は一応「政府公認」のちゃんとしたところだったようで、お土産とか買っても良かったのだけど、その時はホテルに帰りたい一心で早々にお店を後にした。

それでやっと運ちゃんもあきらめたようで、ホテルに連れて帰ってくれた。で、お金を払おうとすると。。。

お店に行くというエクストラがあったから、500ルピーね。」

もともと行く前に値段は交渉してあって、450ルピーという話だったのに、いかにも私が行きたいと言ったからお店に連れて行ってあげた、とでも言わんばかりの口ぶり。あんたが勝手に連れて行ったんじゃん!私は断ったのに!

でも・・・
もう早く部屋に戻りたかったし気持ちが折れていたので反論する気にもならず、素直に500ルピー払って車を降りた。

部屋に着いて、本当に一安心。

長かったインド1日目・・・。






テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

たくさんの「なぜ?」


両手で手すりをしっかり持っていないと落ちそうになるリクシャーにしがみつくこと約5分、約束通り青年はJamma Masjidというモスクの前まで私を送ってくれた。

India4


・・・とここまでは良かったのだけど。
いざ門から中に入ろうというところでおじさんに日本語で話しかけられ、思わず答えてしまったら・・・勝手にガイドを始めるそのおじさん。おそらくずっと着いて来て、しまいにはガイド料を請求してくるパターンかもしれない、と思ったので、「一人で見たいから」と断ると。。。いきなり入り口に戻って入場料を払ってくるようにと言い出した。

誰も入場料なんて払ってないじゃん!

理解できずなぜか聞いてみると、どうやら私は「カメラを持っているから(写真撮影代として)お金を払わないといけない」ということらしく、入り口の遠くの方~に置かれていた看板に確かにそう書かれている。

でも、しばらく観察していると、彼らが入場料を要求する判断基準は明らかに

「外国人であるかどうか」。

カメラを持っているかどうかでお金をとる、とらないを決めるのであれば、カメラを持っているかどうかを入場者一人一人に聞くとか、もっと厳しくするのなら荷物チェックするとか、で判断しないわけ?

明らかに見た目インド人なら素通り。

入場料自体は私たちの感覚からすれば、決して高くないのは確か。でも、そんなやり方はアンフェアだと言っても到底理解する気配もないし、何だか嫌になって(早!)「もう中を見なくて良いから帰る」と言って帰ろうとしても。。。

帰らせてくれない。

押し問答に腹も立ってきたので
「写真なんて一枚も撮ってないし、中にも入らない!!!」
と多少声を荒げて言ってみると、
「今すぐ消えろ!」
と追い払われた。。。

・・・ここまで既にかなりの疲労感。

つづく。。。


テーマ : あ゛ぁ゛――(●`Д´●)――!!!! - ジャンル : 日記

スリル満点。

私にとっては初めての経験となる、「外国からの外国出張」。
その行き先がインドとは、ちょっと濃すぎるかな・・・と想像はしていたけれど、実際来てみると、やっぱり・・・濃い!

上司や他の仲間とは現地で落ち合うことになっているので、フランスからインドまでの一人旅。せっかく行くのだから1日早く出発して少し町の様子を見てみよう!ということで、今日から1日半はデリーで1人フリータイム。

どうやって町をまわろうか、いろいろ悩んだあげく、どうしても自分は大丈夫だと思える気持ちより不安の方が大きいという心理状態だったので、ここは無理せずホテルでタクシーを手配してもらい、オールドデリーの観光名所をいくつかまわってもらうことにした。

続きを読む »

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

ここは・・・?

India1


インド!

ついにこの日がやって来た。。。インド出張。

とりあえず、何もかもが初めてのこの空気。

1週間、乗り切ります・・・。

テーマ : あ゛ぁ゛――(●`Д´●)――!!!! - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。