スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日の過ごし方?

France292

良いお天気の日曜日、散歩に出かけた場所は・・・

墓地

パリ20区にあるペール・ラシェーズ墓地。
バルザック、オスカーワイルド、ドラクロワ、ビゼーetc、多くの「有名人」が眠る場所。この墓地は私たちがフランスに来て最初の1ヶ月間だけ住んだアパートにすごく近いところにあり、まず最初に行こうと思っていた場所だったのだけど、結局なんだかんだと行けずじまいになっていた。

墓地がすご~く広く、有名人のお墓を全部まわるのは1日では不可能だったので、ひとまず「ピアノ曲といえば」・・・ショパン。

France293

たくさんの花に囲まれて、数あるお墓の中でもひときわ目立ってました。
France294

フレデリック・ショパン ー ポーランド、ワルシャワ近郊の Zelazowa Wola に出生。人生の後半はパリを拠点に生活しパリで亡くなったけれど、本人の遺志により「心臓」だけはポーランドに眠っているとのこと。


墓地に行った同じ日、丈さんのかねてからの希望で「サン・マルタン運河」へ。

France295

自転車でパトロール?の警官さんたち。

France296

森の中を歩いたり墓地を散歩したり・・・パリの日曜は、本当に静かでのんびりです。。。(単にお店が全部閉まっていて、出かけるにも出かけようがないだけ?!)

スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

コメント

日本の墓地に行くとゾワゾワと寒気がしますが、そちらの墓地といってもなんだかさわやかな感があり、寒気なんてしませんねー
ショパンのお墓なんて一生見る事なんてなかったと思いますがこうして見られてすごいなーって・・しかも心臓だけがポーランドなんて・・・
こればかりはどうやって?と想像したらゾワっとしましたよ。

秋に帰って来られるんですか?
それまでにお休みには観光旅行になりそうでしょうか?

日本はめっちゃ暑くて腐りそうですよ~

さわやかな墓地!笑

ですね、本当に。
実はお弁当まで持って行って、食べちゃいました(本当はそんなこと
しちゃダメだったのかも・・・)。
ショパンは異国で生活していても、心はずっと祖国を離れない、という
気持ちが強かったそうです。心臓は今でもポーランドの教会に安置して
あるそうですよ。

そうなんです、秋に帰ります。
8月の夏休みは、悔いのないように欧州を旅して来ますv-91
がんばってUPします!

暑さに気をつけてくださいね。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。