スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼儀。

France95

日本人は礼儀正しい というのは、一般的に良く聞く定説(?)。
でも、本当にそうだろうか?というか、そもそも「礼儀正しい」というのはどういうことなんだろう?と思うことが多い。

多国籍の職員で構成される今の職場に来た当初、まず戸惑ったのが目上の人に対する「口のきき方」 英語にももちろん「丁寧な言い回し」というのは存在するようだけど、日本語の例の「丁寧語・尊敬語・謙譲語」に比べればシンプルなもの。しかも、上司のことも当たり前のように下の名前で呼び捨てOK でも最近になって思うのは、話し方だけ聞いているとずいぶんフランクだし相手が年上であろうと何だろうと言いたいことを言っているのだけど、実はけっこう相手のことを気遣ってるんだよな

それに比べて日本人は・・・言葉はやたら丁寧に謙遜していかにも相手のことを気にしています、と言う風に見えるけど、実はハラの中は全然違っていたりすることも多いような気がする そして、結局日本人がやたらへりくだって礼儀ただしそうに振る舞うのは、自分が礼儀知らずの図々しい人と思われるのが怖いからかも・・・な~んてことも考えてしまう今日この頃。

外国で暮らすというのは、日本のことを客観的に見ることができる良い機会だというのは、とりあえず本当だと思う。

ところで、「口のきき方」同様にこちらに来て戸惑うのが、他の人の仕事のやり方。こちらでの直属の上司はアメリカ人なのだけど・・・昨日も仕事のことで聞きたいことがあって、外国出張から帰って来たばかりの彼女の部屋に行ってみると・・・

:今いいですか?

上司:今?!急ぎなの?そうじゃなければ再来週にしてくれない?

:(さ、再来週?!ってそれじゃあ遅すぎるんだけどでもまあ自分でも調べられるしたいしたことじゃないし・・・)わかりました、じゃあまた後で。

上司:ごめんなさいね、今日は出張から戻ったばかりだしもう I am so stressed!!ten thousandsもやるべきことがあるのっ

・・・はあ、どうもお忙しいとこお邪魔しました~まったね~えーっと、ten thousandsって10万だっけ???いや、1万だ!ブツブツ てな感じで彼女の部屋をあとにした私・・・

その後しばらくして、その上司からメールが届いた
「本日17時から飲みます。私のオフィスで。よろしく。」

%82%D1%82%C1%82%AD%82%E8%82%D1%82%C1%82%AD%82%E8%82%D1%82%C1%82%AD%82%E8

恒例のFriday Drinksのお誘いしかも17時ってまだまだ勤務時間内。
1万ものやるべきことはどこへ行っちゃったの???それとも、もう終わった???

そして彼女はいつものFriday Drinksの日と同じように、誰よりも早く颯爽と帰って行きました

みんな、良い週末を

あ、私、来週は休暇でいないから


と言い残して。
ま、家でも仕事してるみたいだけどね、彼女。

「再来週」の理由がやっと理解できたよ・・・








スポンサーサイト

テーマ : (・3・)ぷぇー - ジャンル : 日記

コメント

そうだねぇ。私もたまにそんなこと考える。いったん仲良くなっちゃえば国籍なんて関係ないけど、礼儀とかが存在する中では、外国の人との方が断然付き合いやすいね。余計なこと考えずにことが進むし、人を一個人と認めて対応してくれるから、話しがいがあるというか。丁寧な言葉遣いをするからといって、ちゃんと相手をリスペクトしているかというと、そうでないことって結構あるよね。そしてその逆も言える。
外国には、たいして嫁姑関係が存在しないのもそのためかな?
彼らの仕事のやり方もね...。これが公共機関でも起きるから、ついていけないこともあるけど(苦笑)。自分を犠牲にしてまでやる日本人とは違うね。まぁ、郷に入っては郷に従えってことで。

あ、そうそう、明日この地を発ちまっす!

なんだろうね~

あの日本人特有の「謙遜の美学?」っていうのかな、とりあえず謙遜しとかないと後で陰口たたかれる、みたいなのって。。。
そして言葉には出してなくても、顔色みて判断しろ、みたいなのって。。。
でもそうは言っても、自分もばりばりな日本人であることに気付かされることが多いけどね。

明日いよいよ出発か~!気合いを入れて無事みんなで故郷にたどり着けることを祈ってます(って、大袈裟?)。パリでのお手伝いは必要ない?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。