スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物たちのパスポート。

France164


そろそろ前回のワクチン接種から1年経つので、テラとジュジュを病院へ連れて行った。

パリの中にもけっこうたくさんの動物病院があるのだけど、ここはその中でも大きくてスタッフも多く、内装も近代的。ワクチンをうってもらえればどこでも良かったのだけど、今回のワクチン接種は日本への帰国の際の検疫にも関わってくるので、そういう手続きをした実績のある病院の方が良いだろうということで、知り合いに紹介してもらった。

France165

きれいな女性の先生に、緊張気味のオヤジ猫。

無事にふたりともワクチンをうってもらって、今日のところはおしまい。特に何か診察を受けたわけではなかったし、日本の動物病院との違いは特に感じず。。。

でも日本と違うことと言えば、EUで通用する動物用のパスポート↓を作ってもらったこと。

France166


動物用パスポートがあることは知ってはいたのだけど、詳しいことはこれから調べてみないとよくわからない。何やら、旅行などでフランス以外のEU圏に動物を連れて行った時に、これがあれば入国がスムースになるとか。

ふたりとも連れて旅行に行くということもあまりないだろうし、あったとしてもこのパスポートの提示を求められることもほとんどないのかもしれないけど、一応「記念」の意味もこめて作ってもらうことにした。

このパスポート、中には写真を貼ることができて、名前、生年月日、マイクロチップ番号、ワクチン接種の記録などが書き込めるようになっています。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。